よくあるご質問・相談

  • 信用組合とは?
    • 中小企業者及び勤労者等が相互扶助の精神に基づき、協同して事業を行うために必要な組織・事業内容を定めた法律「中小企業等協同組合法」を根拠法とする法人で、監督法規である「協同組合による金融事業に関する法律」に基づいて営業を行っています。
  • 組合員には誰でもなれますか?
    • 当組合の営業地区内に居住又は勤務されている個人の方ならびに当組合の営業地区内において商業、工業、鉱業、運送業、サービス業その他の事業を行う小規模の事業者が組合員になることが出来ます。
  • 出資金は必ず必要ですか? 出資金は脱退時には、すぐに返してもらえるのですか?
    • 1.出資金とは
      信用組合は一定地域の中小企業、小規模事業者や勤労者、地域の方々が資金を出し合って設立された協同組織金融機関です。信用組合の基本精神は、「組合員のための、組合員による、組合員の協同組合」ですので、当組合では、ご預金・ご融資を利用いただける方を原則、組合員の方と限らせていただいております。信用組合の組合員になるためには、組合員の資格のある方(後述)が信用組合に出資をしていただく必要がございます。
      2.組合員たる資格とは
      次に掲げる方は、当組合の組合員となることができます。ただし、第1号及び第2号に掲げる方にあっては、その常時使用する従業員の数が300人(卸売業又はサービス業を主たる事業とする事業者については100人、小売業を主たる事業とする事業者については、50人)を超え、かつ、法人についてはその資本金の額又は出資の総額が3億円(卸売業を主たる事業とする事業者については、1億円、小売業又はサービス業を主たる事業とする事業者については5,000万円)を超える事業者を除きます。
      • (1)当組合の地区内に住所又は居所を有する方
      • (2) 当組合の地区内において事業を行う小規模の事業者
      • (3) 当組合の地区内において勤労に従事する方
      • (4) 当組合の地区内において事業を行う事業者の役員及び当組合の役員
      • 2.前項ただし書きに規定する事業者であっても、中小企業等協同組合法第7条第2項に掲げる小規模の事業者は、当組合の組合員となることができます。
      3.出資の額は
      出資金の額は、1口当たり200円です。
      4.出資金の保護は
      出資金は預金保険制度で保護されていませんので、信用組合が破綻したときには払戻できない場合があります。
      5.配当金について
      出資金には配当がつきます(ただし、信用組合の利益の程度によって配当の額は変わりますし、配当がない場合もあります)。配当金支払通知書(兼領収書)をご郵送させていただきますが、当組合の本支店窓口で現金出金ができますし、普通預金口座をお持ちであれば、次回より自動的に配当金が普通預金口座に入金されるようにお手続きができます。また、小切手と同じようにお近くのお取引金融機関の口座に窓口で入金することもできます。
      6.お客様が出資金の譲渡をご希望される場合
      お客様が出資金の譲渡をご希望される場合は、所定の用紙を提出のうえ、当組合の承諾が必要となります。  また、譲渡の手続には、譲受人が見つかるまで若干の日数を要し、短期間での譲渡による出資金のお受取りができない場合もあります。なお、高額の出資金の場合は、相当の日数を要する場合があります。
      7.お客様が組合員の脱退をご希望される場合
      お客様が、組合員の脱退をご希望される場合は、ご預金のように解約して、すぐに現金化することはできません。  「組合員脱退通知書」をご希望の時の事業年度末から90日前までに当組合に提出していただきます。その事業年度末に脱退することになりますが、出資金は、その事業年度末の正味財産に基づいて払戻しさせていただきますので、その事業年度の総代会終了後に払戻をさせていただくことになります。
      8.お客様が当組合の営業地区外へ転居等される場合
      お客様が当組合の営業地区外へ転居等される場合は、必ず転居される前に出資金の譲渡手続をとっていただくとともに、転居後は速やかに所定の「変更届」を提出していただきます。  譲渡ができずに転居された場合には、自動的に組合員としての資格を失い脱退することになります。この場合、出資金の払戻しについては、上記7項の記載と同様に、その事業年度の総代会終了後となります。
  • ATMは、置いていないのですか?
    • 申し訳ございません。神戸営業部を除き当組合の店舗にはATMを設置しておりません。店舗網ならびに普通預金の口座数・残高は少なく、ATM設置にかかる設備・維持コストがかからない分を定期預金金利に上乗せ還元しております。
  • 他の金融機関に比べて定期預金金利が高いのは、何故ですか?
    • 当組合は、スキマ金融に特化し、経営資源(人・物・金)を集中させ、徹底した業務の効率化を図った結果、一人当たりの生産・収益性がより高くなり、高い金利を付けることが可能となっております。
  • メール定期預金とは?
    • お取引の開始から満期まで、書類は郵送(メール)、資金は為替で、やりとりを行う定期預金です。詳しくは、こちらをご覧下さい。
  • 主な貸出先は、どのようなところですか。また、不良債権は、多いのですか?
    • 主な貸出先(業種構成)及び不良債権比率は、つぎのとおりです。 なお、詳細は ディスクロージャー経営指標の推移のページに掲載しております。
      業種別構成比(平成28年3月31日現在)
      不動産業 73.0%
      各種サービス業 18.2%
      金融・保険業 0.5%
      その他 8.3%
      不良債権比率(金融再生法)
      平成28年3月末 4.80%
      平成27年3月末 5.47%
  • 大阪協栄信用組合の預金は、預金保険制度の対象ですか?
    • 預金は、預金保険制度の対象となっております。
      預金保険制度の対象となる金融機関は、日本国内に本店のある銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、信金中央金庫、全国信用協同組合連合会及び労働金庫連合会で、当組合も同制度の対象金融機関となっております。  ただし、出資金は、預金保護制度の対象外となっております。
  • 親類・知人を紹介したいが、大阪府・兵庫県以外でも取引は可能ですか?
    • 当組合は大阪府・兵庫県を営業地区として認可をいただき営業をしておりますので、近隣他府県など営業地区以外のお取引については、原則お断りをしております。
  • 配当金支払通知書(兼領収書)が郵送されてくるが、どうしたらよいか?
    • 当組合の本支店窓口で現金出金ができますし、普通預金口座をお持ちであれば、次回より自動的に配当金が普通預金口座に入金されるようにお手続きができます。  また、小切手と同じようにお近くのお取引金融機関の口座に窓口で入金する事もできます。
PAGE TOP ▲